アフターピルは女子の守り神 TOP > ノルレボ法について

アイピル(ノルレボ)を用いたノルレボ法

アイピルはノルレボというアフターピル(緊急避妊薬)のジェネリックです。インドに本社を置く、シプラ社が製造販売をしています。ノルレボとは新しいタイプのアフターピルで、以前のものよりも副作用の発現が少なく、効果もより高くなっています。有効成分はレボノルゲストレルという成分です。アイピルを服用すると、この成分により早期に妊娠しやすい環境が作られ、受精卵が到着する頃にはすでにその好環境が終わり、着床しにくくなった状態を作り出してくれます。またそもそも受精をしにくようにもしてくれますので、妊娠を抑える事が出来るのです。

従来のアフターピルに使われていたものは避妊薬(中容量ピル)プラノバールで代用をしていました。こちらはホルモン量が多く、服用も2錠を2回に分けて行う必要があったため副作用が強く、使用する際少々ためらいが生じる事もあったようです。何よりも吐いてしまうことで、アフターピルとしての効果を無くす事が一番懸念されていました。プラノバールの服用は、その効果が顕著に出やすいと言われていたのです。

一方ノルレボは初めからアフターピルとして開発された薬です。ヤッペ法よりも服用する量が減り、副作用の発現が少なくなりました。そのため吐き気が起き、吐いた場合による薬の効果を無くすと言う事が少なくなるはずです。そしてそのジェネリックであるアイピルは1錠だけを服用すれば良いものなので、飲み忘れも少なく、手軽なため非常に人気が高いです。価格もノルレボの1~3割程度で購入出来るため非常におすすめです。

しかし諸注意として、72時間以内に服用をしなければその意味をなしません。なるべく早く服用することがその効果を最も発揮しますので出来るだけ24時間以内には服用できるようにしましょう。

アイピルは医療機関で入手することが出来ないので、海外医薬品を販売する通販サイトで購入をする必要があります。しかし本当に急を要する場合、72時間以内に服用しなければ無意味になってしまうため素直に医療機関へ行き処方をしてもらった方が確実です。こういった通販サイトで入手する場合は、もしものための備えという位置付けが一番良いでしょう。

アフターピル

アフターピル

スポンサードリンク

アイピル