アフターピルは女子の守り神 TOP > ピル、アフターピル以外の避妊方法

ピル、アフターピル以外の避妊方法

女性が自ら行える避妊の方法として低用量ピル、またはアフターピルアイピルを服用する事が最も一般的であり、広く認知をされています。しかし避妊薬を使用する以外にも避妊方法があることを知っていますか?このページではこれをメインに取り上げます。最も簡単かつ信頼性の高いコンドームを使ってセックスをすることも避妊方法の一つに入りますので、改めてご紹介したいと思います。

殺精子剤

膣の中に入れて精子の働きを麻痺させたり、その名の通り殺してしまう働きを持っています。クリーム状やゼリー状、フィルム状のものなどいくつか種類があります。こういった動きが封じ込まれれば当然、受精をすることが出来ません。副作用も少ないですし、医師の処方も必要ありませんが使うタイミングが難しく、1時間しか効力が無いため単体で使用する場合信頼性はあまり高くありません。何かと併用して使うことをおすすめします。

ペッサリー

ゴムで出来た蓋のようなものを装着し、殺精子剤を塗り精子の侵入を防ぎます。この器具も女性がつけるものです。ただし自分の子宮口にあったサイズを選ばなければなりませんので、医師と相談をしなければなりません。また装着に関しても慣れが必要なため少々面倒なところもあります。また日本ではあまり普及していません。

IUD

子宮内にリングを装着し、精子の侵入を防ぐ働きを持っています。経口避妊薬並みの避妊率であり、安心してセックスへ臨めます。しかし装着は医師に装着をしてもらわなければなりません。また妊娠の経験をしたことのない女性は子宮口が狭いため装着が難しい場合があります。

コンドーム

男性主導の避妊具です。勃起したペニスへ装着し、射精時に精液が膣内へ入らないようにするものです。購入も簡単であり最も普及している避妊具ですが、正しく装着をしなければ精液が漏れ出してしまい装着した意味がなくなります。案外、装着方法を知らない人がいますので、正しい知識を覚えて下さい。

このように意外に種類のある避妊方法。簡単なものから少し手がかかるものまで様々です。最近ではあまり聞かないものもありますね。いずれも正しく使わないと効果が得られません。避妊薬にも同じことがいえますので、きちんと使い方を覚えましょう。また常用していない場合に妊娠の不安がある場合にはアフターピルを使い、望まない妊娠をしないように努めて下さい。

アフターピル

アフターピル

スポンサードリンク

アイピル