中絶のリスク

避妊薬を使用しておらず、またコンドームなどを用いた避妊に失敗をし、意図しない妊娠をしてしまった場合あなたはどうしますか?アフターピルの使用が間に合わず、中絶手術を選んだ場合、肉体的にもそうですが、精神的にも大きなダメージを負ってしまうことがあるのを知って欲しいと思います。中絶手術は正式には人工妊娠中絶手術という正式名称があります。受けられる期間が決められており、22週未満まで可能です。これは母体保護法という法律により決められており、対象になる人は健康上の理由もしくは経済的な理由。そして性犯罪にあった場合の妊娠です。

12週未満であれば初期中絶手術。それ以降を中期中絶手術と呼び、その方法が異なります。初期中絶手術は膣から鉗子を入れて胎児を除去する方法が取られます。比較的ダメージは少なく、その日のうちに帰宅できるケースが多いようです。もう一つの中期中絶手術は、強制的に陣痛を起こし流産をさせる方法です。初期中絶手術よりもダメージがあり、数日入院をする必要があります。

初期中絶手術の方法

初期中絶手術は、鉗子を子宮内に入れますのでそれにより子宮が傷ついてしまい出血をしてしまう場合があります。そして感染症になってしまったら不妊のリスクが高まってしまいます。子宮内に取り残しがあった場合、それが不正出血の原因にもなります。また、麻酔をかけて手術が行われるのですがその際にアナフィラキシーショックが出てしまう場合もあります。血圧の低下や一時的に呼吸が停止してしまうなど、初期中絶手術とはいえリスクがついてまわることを覚えておいて下さい。

中期中絶手術の方法

中期中絶手術の場合には、陣痛を起こし、子宮収縮が行われるため非常に痛みを伴います。また出産の準備が整っていないにも関わらず、子宮口を広げますのでこちらも激しい痛み、そして出血をしてしまう場合があります。最も危険なのが子宮収縮剤による子宮破裂です。

いずれも1回きりであれば、後遺症は残らないと言いますが精神的なダメージによりホルモンバランスが崩れてしまったり、卵巣に異常が出る場合があるようです。そして繰り返し中絶手術を行えば、妊娠しにくくなる体質になってしまいます。そういった事にならないためにもしっかりと避妊をして下さい。もしも緊急を要する避妊を行いたければ、アフターピルを正しく使い、未然に防ぐことをおすすめします。

スポンサードリンク

アイピル