アフターピルは女子の守り神 TOP > 低用量ピルとは?

低用量ピルとは?

今ではピルといえば低用量ピルを指します

低用量ピルは従来の経口避妊薬よりもさらにホルモンの含有量が少なく、副作用が起こりにくいため現在多くの医療機関で処方されている避妊薬です。その効果は排卵、子宮内膜の増殖を抑制し妊娠しにくい環境を作り出します。服用は毎日決まった時間に1錠服用しなければなりませんが、これを守ることによりほぼ100%避妊が出来ます。

低用量ピルに配合されているホルモンは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。服用することによって体内で分泌されていると脳が勘違いをして、排卵を止めてしまうのです。当然、排卵がなければ受精をすることが出来ません。また子宮内膜が厚くなれば受精卵が着床しやすくなります。さらにもう1つの効果として、子宮頚管の粘液を変化させることにより精子を子宮に入りにくくします。

避妊効果以外にも副次的な効果を持ちます

避妊の他にも生理不順、PMS(月経前症候群)、生理痛を抑えてくれるためそういった目的でもよく処方をされています。子宮内膜症に悩む女性や、子宮がんの予防も出来ますので女性にとってメリットが数多く受けることが可能でしょう。こういった症状や悩みを持つ人にとってはとても有用なものです。

服用の仕方は決められた時間に1錠服用します。多くの薬に21錠タイプと28錠タイプがあり、21錠タイプは全ての錠剤が低用量ピルで、28錠タイプは21錠が避妊薬。残りの7錠が偽薬です。こちらには何の薬効成分も配合されていません。仮に飲み忘れても問題はありません。

副作用は従来よりも出にくくはなっていますが、飲み始めの場合には起きてしまう可能性があります。特に多いのが吐き気やだるさではないでしょうか?めまいを起こす人も中にはいます。しかし一時的なものですので、継続して服用すれば次第に収まります。飲み始めは女性ホルモンが安定していないためにこういった症状が起こると考えられています。

飲み忘れさえしなければほぼ確実に避妊が出来る低用量ピル。女性特有の症状も抑えることが出来ますので、そういった事に悩んでいる女性にもおすすめが出来ます。少々費用はかかりますが、自身の安全のため、そして快適な生活のためにもおすすめしたい医薬品です。

アフターピル

アフターピル

スポンサードリンク

アイピル