アフターピルは女子の守り神 TOP > 日本と海外のピル普及率比較

日本と海外のピル普及率比較

日本ではようやく認知されだしてきた避妊薬を使った避妊ですが、海外ではメジャーでありかなり普及が進んでいるようです。その背景には一体何があるのでしょうか?そして日本でまだ進まない理由とは何なのでしょうか?ちなみに普及率で言えば、フランスが41%、ドイツが37%、イギリスが28%です。ピルが初めて認可されたアメリカでは16%という数字です。では日本はというと、わずか1%しか普及していないという驚くべき数字が浮かび上がりました。

性教育の問題

その理由のひとつに挙げられることとして、性教育の差により開きが見えるのだろうと思います。幼少期よりしっかりと性教育が行われ、ピルやコンドームなどの使い方も学校で教えてくれます。そしてドラッグストアで購入が出来る事も大きな要因です。欧米ではピルを簡単に購入することが出来ます。しかし日本では医師の処方が無ければ入手することが出来ません。最近は個人輸入代行業者が運営する海外医薬品通販サイトが多くなりましたので購入のハードルは下がったもののやはり根付くには時間がかかると思います。

先進国で最も解禁の遅かった日本

ピルの解禁が先進国の中で一番遅かったのも理由の一つとして考えられると思います。日本で低用量ピルが認可された年は1999年です。アメリカよりも25年遅れています。そして前述の性教育が行われていないため、ピルの正しい知識が得られず誤解を抱いている人が多いのが現状でもあります。低用量ピルはかなり副作用も出にくくなり、吐き気やめまいはもちろんの事、むくみが発生することもほとんどありません。

女性の意識の問題

そして極めつけは女性が率先して避妊を行うかどうか、という意識ではないでしょうか?海外でははっきりと物事を言える女性が多いと言われています。そして自主性も非常に高いため、自らを守るという意味で避妊薬の服用を率先して行っているのだと思います。しかし日本の女性は、男性任せが多いのです。避妊方法に関して言えば大多数の人がコンドームのみしか使っていません。

こうした意識の問題も大きく関わっているため、まだまだ時間はかかりますが着実に広まってきているのは事実です。また避妊だけではなく女性特有の症状に悩む人は兼ねてから使用していると思います。このようなメリットも併せ持っている事を、案外知らない人もいるかもしれません。このサイトに辿り着いた人にはそういった誤解が解けて欲しいと思っています。

アフターピル

アフターピル

スポンサードリンク

アイピル