アフターピルは女子の守り神 TOP > 様々な避妊薬(ピル)の種類

様々な避妊薬(ピル)の種類

避妊薬には決められた時間と日数を服用し女性ホルモンをコントロールする低用量ピル(最近の主流)と、アフターピル(緊急避妊薬)の2種類があります。妊娠を望まない性行為の場合に、それを防ぐために服用をするのが避妊薬です。そして避妊薬を日常的に服用していない女性が、予防に失敗した場合や合意なしの性行為などを行った場合にアフターピルは用いられます。

予防の失敗とはどのような事でしょうか?例えばコンドームを着用していたものの、行為中破れた場合や脱落と呼ばれるコンドームが女性の膣に取り残されてしまう事などが挙げられます。こういった事があると、コンドームの着用していても意味がありません。射精時だけ着用することも全く意味を成しません。射精してなくてもペニスを膣に挿入した時点で妊娠する方もいますので、決して射精時だけ着用することはやめてください。

そのような不安を払拭したい時は、避妊薬の使用がおすすめです。服用することによりほぼ100%の確率で妊娠しなくなります。ただし決まった時間、日数を守って服用しなければその効果は得られません。服用の際は十分に確認を行いましょう。また避妊だけでなく、ホルモンバランスの調子を整えてくれます。生理痛がひどい人やPMS(月経前症候群)の人には特におすすめ出来ます。

アフターピルの用途とは、性行為をして、失敗した場合の72時間以内に服用することで妊娠を予防します。72時間以内に服用しなければならず、早い時間に服用する事でその確率が高くなります。24時間以内ですと、100%近い数字で妊娠を予防することが出来ます。

それだけ効果が強いため、その反面副作用も強いと言われてます。女性ホルモンを急激に変化させるため体への負担が大きくなるのです。避妊に失敗したからと言って毎回服用するのではなく、本当に危ないなという時のみ使用するようにしましょう。緊急用と呼ばれる意味がなんとなく分かりますね。本当は使うことが無いほうが良いのですが、いざという時のためにアフターピルを持っておくと安心出来るかもしれません。

日本での避妊薬使用は海外と比べるとかなり差が開いておりまだまだ浸透には時間がかかるようです。特に若い世代にもっと知ってもらい、望まない妊娠を減らしていけるようになったらいいですね。

アフターピル

アフターピル

スポンサードリンク

アイピル